Search

事業に失敗、借金地獄で死にたいけど死ねない体験談

私は自営業で、ある程度高級な品物を扱う仕事をしていました。
誰にでも売っているわけではなく、会員制の顧客向けに販売するような事業です。
ですので周りの顧客は皆お金持ちで、私もそれに合わせた生活を営まなければなりませんでした。
自分に見合わない服装や食事、生活基準でした。

入ってくるお金よりも出て行く金額のほうが大きくなるのには、時間がかかりませんでした。
顧客からすれば一度購入してしまえば、ほぼ一生使えるようなものなので、何度も私から購入する機会はなくなります。
しかし事業としての付き合いは続いていくので、私は身銭を切って彼らとの付き合いを続けていきました。
仕入れにもお金がかかります。付き合いにもお金がかかります、生活にもお金がかかります。

あきらかに失敗です。

銀行から事業資金の借金ができなくなりました。
担保にしていた家も失ってしまいました。
実家も呆れて、お金を私に支援することがなくなりました。

その時点になっても私は失敗を認めず、「まだ資金があれば盛り返せる」と思っていました。
そして闇金から借金し、これが地獄の始まりとなりました。。
金利は高いし勿論返せなくなりました。

借金地獄でお金がないと、心が荒むのは早いんですね。

そのとき初めて気づきました。
家族もボロボロになり、失ってしまいました。
私はまだ辛うじて生きているものの、何度も何度も死にたいと思い手首を切るなどしていますが、いまだに死ねません
まだ心のどこかで「この失敗は取り返せる」と思っているのです。

参考にしたサイト:借金地獄

借金地獄で自己破産して事業ができない体験談

私は実は、今から約10年前にあたる2007年の12月に、債務整理手段の中でも、破産手続開始決定申し立てを同年に行ったものの決定を受けて、それが認められました。
しかしながら、それ以降での私生活面においての約7年間にも亘る日常面でのあらゆる制限により、私自身は大変苦しめられることになります。
その間は本当に苦しい日々でした。

なんといっても苦痛だったのは、その7年間の間に、どこからもお金の借り入れが出来ないうえに、自分から事業を行う事さえ出来ないといったような現状が、当時はありました。
そのうえ同居をしていた年金暮らしの高齢者にあたる父とお金の事でもめ事を起こしたりして、本当に大変な日々を過ごしていた現実がありました。

そして私がようやく、現在の事業を立ち上げる事になったのは、皮肉にもその7年間と2ヶ月を過ぎた、2014年の11月下旬でした。
約258万円分の債務総額と、一月あたりの返済総額が約6万円前後といったような状況の中での破産宣告でしたが、これを行う事を止めて、勇気を持って法律事務所などへ赴いて、特定債務調停などの申し込みを行い、弁護士や司法書士の先生方などへの依頼をしておけば良かったという、後悔の念で、現在大変気持ちが一杯でなりません。

この破産宣告の過去のおかげで、法律の日常的な関わりとの重要性がようく理解を出来ました。

借金整理で弁護士無料電話相談した口コミ

借金に困って弁護士無料電話相談して自己破産

借金返済を安全にしていくというのは、非常に重要な事です。
それをしていく事によって、非常に自分の負担が軽くなるのです。
今、借金に追われている、取り立てで悩んでいるという方がいましたら、即座に弁護士の方に電話相談する事が必要です。

弁護士に相談するのは恥ずかしいと感じる方も多いでしょうが、債務の事で悩んでいる人は珍しい事ではありませんし、弁護士の方もプロですので慣れています。
料金についても、以前よりも格段に安くなっているところが多く、債務者思いのところも多いのです。

自分にとってどんな債務整理方法が一番良いのか、そのプロの方達が決めてくれます。
人によっては、自分が希望する債務整理方法をご利用できない場合があります。

将来的にも借金返済が無理で、多額の負債を抱えているというどうしようもない方でしたら、余儀なく自己破産という結末になってしまいます。
自己破産といいますと、何だか聞こえが悪くなっていますが、自己破産は、それだけ自分のメリットになる事もあります。
借金が全額なくなるのです。

勿論、それと共に自分の財産も全てなくなってしまうわけですので、その分別の意味で負担は大きくなりますが、もう毎月の返済額に悩まされなくて済むというような、よく考えられた方法です。

支払いの電話督促に合うということもなくなります。
債務整理方法の中で、全額なくなるというのは、この方法のみだと言えます。

参考:借金問題で弁護士に無料電話相談した体験談

弁護士に借金について無料電話相談した口コミ

家族が借入をすると会社からの請求などで不安に感じることが多く、見覚えがない請求が来る場合があるため、必要に応じて弁護士に電話相談して対処方法を考えることが大事です。
借金は期日を守って計画的に返済することが重要で、滞納をすると家族宛てに請求をせざるを得ないことを理解する必要があります。
会社側は利用者を信用してお金を貸すため、信頼を裏切らないように、責任を持って計画的に使うことが大事です。

家族が借金をする時は、事前に情報を知らなければ精神的にも苦痛になることが多く、内緒でしたい場合は正しく返済することを心がけて使う考え方が求められます。
多くの借入をする人間の特徴は金銭感覚を麻痺しやすい傾向が強く、家族にバレないように内緒でする傾向があります。

会社側は債務者が返済をしなかった場合に損害を受けるため請求する義務があり、本人が支払いに応じない場合は親権者などの情報を調べて債権回収をするためお金を借りる時は正しく返さなければバレることを認識して使う必要があります。

家族が借金をすることで不安になることは、会社側からの突然の請求に対応する方法で、会社側や本人と相談して解決できるように考える必要があります。
対処できない場合は弁護士に相談するなど、最適な方法を考えることが重要です。

アディーレ弁護士事務所に借金のことで無料電話相談

わたしは元々お金の管理には厳しく、クレジットカードなども決して使いすぎないようにするタイプでした。
しかし、ある時もう縁を切っている身内にカードを強盗されてしまい、使い込まれてしまいました。
そして身内ということで、刑事事件化させることもできず、借金を抱えることとなってしまったのです。

最初は絶望しましたが、家に居ても債権者からの電話が鳴り止みません。
3ヶ月以上経つと差押えが来て家の家具がすべて奪われてしまう可能性があります。

踏み倒しについての知識はその頃はなかったのですが、とにかく弁護士に相談して借金をどうにかするしかないと思い、無料相談を利用してアディーレ弁護士事務所に相談しました。
すると、アディーレ弁護士事務所の方は非常に仕事が早く、即、その債務については委任案件であるということにしてくれました。

その後は、法律の関係で債権者からは、一切とりたての封書も来なくなりましたし、電話も掛かってこなくなりました。
ところが、弁護士に依頼しようにも費用が集まらず、債務整理のための書類を集めるのも無理がありました。

結局、その後は前払い金のみをわたした状態で、委任案件を白紙に戻すこととなりました。
その後、債権者からは二度と電話はかかってきませんでしたし、結果、踏み倒してしまうこととなりました。

着物買取店舗への持ち込み体験談と注意点

質屋の店舗に持ち込みで着物買取

着物は購入時には結構高価なものです。
しかし、日常的に和服を着る人は少なく、一般的な洋服等を扱うリサイクルショップでも買取はしてもらえません。
買い取ってもリサイクルショップで中古の着物を購入する人がなく、需要がないのがその理由です。

それでも、茶道や華道や日本舞踊の愛好家には着物は欠かせないもので、リユース需要も実際には少なくありません。
こうしたリユース品は、専門店で販売されたり、生地を洋風にアレンジしたりと実際には用途はあり、ネット経由や質屋の店舗の一部で買取をしてもらえます。

私の母が他界し、遺品整理をしていると和ダンスに多くの着物が残されていました。
余り知識はありませんが、泥大島等の高級品もいくつかあるようで、そのままゴミとして廃棄するのは余りにもったいなく、買い取ってもらおうと考えました。

ネットで調べると買取されている会社が何社も見つかりましたが、対面の方が説明を受けて納得性があると考え、近所の質屋の店舗で着物買取しますと店頭に表示されている所に持ち込んで、買い取ってもらいました。

価値がなく買い取ってもらえないものもありましたが、3枚の品は予想以上の高値で買い取ってもらえました。
店舗での対面のやり取りが嫌な方は、ネットで調べて会社に買い取ってもらうと良いでしょうし、むしろ対面が良いと言う方は質店で買い取ってもらうのがお勧めです。

参考:着物買取店舗

着物買取で相場より高く売るための注意点

着物を買い取ってもらう場合には、いくつか注意点があります。

相場より少しでも高い金額で買い取ってもらう場合、気を付けたいポイントですが、まずは着物を売る際には、付属品なども一緒に売るようにしたほうが、高い金額で買い取ってもらえる可能性が高いので、一緒に査定を依頼するようにしましょう。
小物類に関しても査定を一緒に依頼したほうが高い金額で買取可能なことが多くなります。

できるだけ着物は新品に近い状態のほうが高値で売れますので、箱やほかの付属品に関してもそのまま査定を依頼するようにしましょう。
自分の判断で、これらを捨ててしまったり、バラバラにしてしまわないように注意が必要です。

また、着物買取の注意点ですが、なるべく売りたいものは、早いタイミングで売るようにしましょう。
新品に近い状態ほど高値が付きやすくなりますので、売ることを考えているのであれば早い段階で査定をしてもらうことがおすすめです。
古くなってしまえば、それだけ価値が下がってしまいますし、流行しているものも流行が変わってしまい、売ることが難しくなってしまいますので、タイミングを考えて売るようにしましょう。

また、着物を売るときは、販売も行っている専門業者の店舗への持ち込みがおすすめです。

住宅ローン返済体験談!

住宅 ローンのボーナス払いが払え ない!

私は9年前に住宅を購入し、住宅ローンを組みました。
借入額については若干余裕を見て多めに借りることにしました。
しかし、後になって借入額が多かったと後悔しました。

借入額が多かったことで、資金的に余裕があると勘違いして車の購入をしてしまいました。
その当時は仕事も順調で残業も多くしていたため、住宅ローンの返済は問題ないと感じていました。

しかし、徐々に会社の景気が悪化し、一時帰休も増えました。
残業もほとんどできない状況となり、ボーナスも無くなって、一気に収入が落ち込みました。
車も購入してしまい、借入額の多さから返済が大変な状況となり、家庭内での喧嘩が増えました。

ボーナス払いもあり、このままでは住宅ローンが払えないので、なんとか資金を確保するために、節約を続けましたが家計の赤字は解消されずに、保険関係の見直しをすることにしました。
一部保険を解約して解約返戻金をもらったり、保障を減らして保険料を安くするなどの対応をしました。

貯金も底をつきお金に困る状況であり、大変な時期でしたが退職を考えました。
会社の業績が悪くなっていたので、将来に対して不安を感じている時期であり、退職することに対して問題はなかったのですが、転職先が決まるのか不安でした。

しかし、なんとか転職先を見つけることができ、内定をもらえました。
退職金をローンの返済にあてて、何とか楽な状況になりました。

参考:住宅ローンが払えない体験談

住宅ローンを返済額軽減型で繰り上げて失敗した体験談

住宅ローンは長い期間に渡り返済していくものですから、金利の負担を少しでも軽くしたいと思うのが普通です。
毎月の返済によって元金が少なくなればその分金利の負担を減らすことができますので、繰り上げ返済を考える人も多いと思います。
住宅ローンの繰り上げ返済には期間短縮型と返済額軽減型があります。

期間短縮型は返済額を変えずに返済期間を短縮する繰り上げ返済となりますが、返済額軽減型は返済期間はそのままに返済額の負担を減らす繰り上げ返済となります。

基本的に考えると返済期間が短くなればなるほど金利の負担を減らすことができますので、返済期間短縮型が最も経済的な繰り上げ返済となるのです。
どちらを選択するかは非常に重要ですし、失敗すると今後のライフプランにも大きな影響があります。

繰り上げ返済を考えた時に悩まされた部分が、貯金を全て使い果たしてしまっても良いか?いくら残しておくかということです。
いざという時に払えない、ローンが払えないということも考えられるからです。

貯金はいざという時に役に立つものですから、無いよりはあった方が良いのは当然です。
それで、どちらの繰り上げ返済を選ぶかで迷ったのです。

結局貯金をすべて吐き出すことには不安感があったため、利息で有利な期間短縮型にはできず返済額軽減型を選択したのですが、どうせなら期間短縮型の繰り上げ返済を選択すればよかったと思っています。

期間が短縮できればその分貯金をする期間を多く持てるわけですが、返済額軽減型では、結局使ってしまうことが多くなるため、思うように貯金できないのが現在の悩みです。
心配していた住宅ローンを払えないという事態もありませんし、失敗したかもしれません。

住宅ローン失敗体験談

この前、抱えている住宅ローンについて夫と計算しました。
夫は仕事上、ローン全般についてもある程度の知識があります。
今抱えているのは、私が独身の会社員時代に契約したものです。

そのときは私も若かったし、夫とは結婚していなかったから、住宅ローンの云々について彼は首をつっこむ立場ではありませんでした。
そのため、私は予備知識全くなしで、住宅ローンを組まなくてはならなかったのです。

しかもその頃は、独身の、無駄遣いゼロOLでしたから、払えないことがある、なんて全く想像もしていませんでした!
住宅ローンを組んだとき、本当だったら、銀行で契約する予定でした。

施工業者からの紹介で、銀行審査は問題なく通過するという話で書類まで記入したのですが、なんと、銀行の最終判断で不可とされてしまったらしいのです。
多分、キャリアのない独身のOLだったせいなのでしょう。

それで結局、施工業者は別の住宅ローン会社を紹介してきました。
銀行より金利差が0点何パーセント高いだけです、と言われたのを覚えています。
(何パーセントだかは忘れてしまったけど)

住宅ローンの全体の金額を考えれば、0点何パーセントの金利差だって、計算すれば結構な金額になるはずなのに、当時の私はあんまりよく考えていなかったのだと思います。

結局今、払えない話までしないといけなくなっているのは、その0点何パーセントのせいかもしれません。
金利差が少しくらい違っても払えないことはないわよ、みたいなことを考えていた独身時代の自分が情けないです。
もっときちんと計算する慎重さが必要でした。