Search

着物買取店舗への持ち込み体験談と注意点

質屋の店舗に持ち込みで着物買取

着物は購入時には結構高価なものです。
しかし、日常的に和服を着る人は少なく、一般的な洋服等を扱うリサイクルショップでも買取はしてもらえません。
買い取ってもリサイクルショップで中古の着物を購入する人がなく、需要がないのがその理由です。

それでも、茶道や華道や日本舞踊の愛好家には着物は欠かせないもので、リユース需要も実際には少なくありません。
こうしたリユース品は、専門店で販売されたり、生地を洋風にアレンジしたりと実際には用途はあり、ネット経由や質屋の店舗の一部で買取をしてもらえます。

私の母が他界し、遺品整理をしていると和ダンスに多くの着物が残されていました。
余り知識はありませんが、泥大島等の高級品もいくつかあるようで、そのままゴミとして廃棄するのは余りにもったいなく、買い取ってもらおうと考えました。

ネットで調べると買取されている会社が何社も見つかりましたが、対面の方が説明を受けて納得性があると考え、近所の質屋の店舗で着物買取しますと店頭に表示されている所に持ち込んで、買い取ってもらいました。

価値がなく買い取ってもらえないものもありましたが、3枚の品は予想以上の高値で買い取ってもらえました。
店舗での対面のやり取りが嫌な方は、ネットで調べて会社に買い取ってもらうと良いでしょうし、むしろ対面が良いと言う方は質店で買い取ってもらうのがお勧めです。

参考:着物買取店舗

着物買取で相場より高く売るための注意点

着物を買い取ってもらう場合には、いくつか注意点があります。

相場より少しでも高い金額で買い取ってもらう場合、気を付けたいポイントですが、まずは着物を売る際には、付属品なども一緒に売るようにしたほうが、高い金額で買い取ってもらえる可能性が高いので、一緒に査定を依頼するようにしましょう。
小物類に関しても査定を一緒に依頼したほうが高い金額で買取可能なことが多くなります。

できるだけ着物は新品に近い状態のほうが高値で売れますので、箱やほかの付属品に関してもそのまま査定を依頼するようにしましょう。
自分の判断で、これらを捨ててしまったり、バラバラにしてしまわないように注意が必要です。

また、着物買取の注意点ですが、なるべく売りたいものは、早いタイミングで売るようにしましょう。
新品に近い状態ほど高値が付きやすくなりますので、売ることを考えているのであれば早い段階で査定をしてもらうことがおすすめです。
古くなってしまえば、それだけ価値が下がってしまいますし、流行しているものも流行が変わってしまい、売ることが難しくなってしまいますので、タイミングを考えて売るようにしましょう。

また、着物を売るときは、販売も行っている専門業者の店舗への持ち込みがおすすめです。